保険用語の解説ー生命保険代理店検索.com

生命保険代理店検索.com

保険用語

とかく分かりづらい保険の専門用語、生命保険代理店検索.comでは保険用語をわかりやすく解説しています。50音順に掲載していますので、分からない用語がございましたらこちらをご参考になさってください。

あかさたなはまやらわ

 

か

外貨建ての保険
保険料や保険金などが外貨建てとなっている保険があります。払い込む保険料や受け取る保険金などの円換算額は為替相場の影響を受けますから、契約に際しては仕組みをよく理解することが大切です。

介護特約
寝たきりや認知症によって介護が必要な状態になり、その状態が一定の期間継続したときに、一時金や年金が受け取れます。

介護保険
寝たきりや認知症によって介護が必要な状態となり、その状態が一定の期間継続したときに一時金や年金が受け取れるタイプと公的介護保険の要介護認定に連動して一時金・年金が受け取れるタイプがあります。

解除
保険期間の途中で、生命保険会社の意思表示で保険契約を消滅させること。保険約款では告知義務違反などによる解除権が定められている。

買増
配当金を一時払の保険料として保険を買い増していく方法です。

解約
将来に向かって保険契約を解消することです。解約によって契約は消滅し、以降の保障はなくなります。契約者の意思で自由にできますが、書類提出の手続きが必要です。
解約すると解約返戻金が受け取れます。その金額は保険種類・契約時の年齢・保険期間・経過年数などによって異なりますが、通常は払い込んだ保険料総額より少なくなります。それは保険料の一部が毎年の死亡保険金等の支払いや生命保険会社の運営に必要な経費に充てられるからです。
仮に、契約後短期間で解約したときには、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。

解約返戻(払戻)金
保険契約が解約、あるいは告知義務違反などにより解除された場合、保険契約者に払い戻すお金のことをいいます。

確定年金
生死に関係なく契約時に定めた一定期間、年金が受け取れます。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

家族定期保険特約
一定期間内に被保険者として定めた家族が死亡したとき、死亡保険金が受け取れます。

がん入院特約
がんで入院したときに入院給付金が受け取れます。

確定
がん保険は、がんで入院・手術したときに入院給付金や手術給付金が受け取れるものです。 ガン保険では、入院給付金の支払日数が無期限となっています。そのほか、ガンと診断されたときには診断給付金を、ガンで死亡したときにはガン死亡保険金を、ガン以外で死亡したときは死亡保険金(給付金)を受け取れるのが一般的です。
契約日から90日または3か月などの待ち期間があり、この期間中にガンと診断されても保障の対象とはなりません。

基本年金
年金商品などで受け取る年金のうち、配当による増額部分を除いた部分。契約年金ともいい、契約時に金額を定める。

給付金
被保険者が入院したとき、手術をしたときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金。

拠出型企業年金
在職中に任意に契約して保険料を払い込み、老後に年金を受け取るためのものです。保険料払込期間中に死亡した場合、遺族一時金などを遺族が受け取れますが、金額は少額です。

クーリング・オフ制度(申し込みの撤回)
生命保険には、いったん申し込んだ後でも申し込みを撤回することができる「クーリング・オフ制度」があります。一般的に第1回保険料充当金領収書の交付日もしくは申込日のいずれか遅い日を含めて8日以内(8日以上の会社もあります)ならば申し込みを撤回でき、保険料は返金されます。
手続きは、生命保険会社の支社か本社あてに、はがき、または封書を郵送することによって行います。
※一部の会社では、クーリング・オフの可能期間を申込日から、その日を含めて8日以内、等という取り扱いを行っていますので、確認しておくことが大切です。
ただし、契約にあたって医師による診査を受けた場合、保険期間が1年以内の契約の場合、および生命保険会社の営業所などの場所で申し込みをした場合などは、この制度が適用されません。

契約者
生命保険会社と保険契約を結び、契約上のいろいろな権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料の支払義務)を持つ人。

契約者貸付
契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で、貸し付けを受けることができます。

契約応当日
契約の後の保険期間中に迎える、契約日に応当する日のこと。
契約日の年ごとの応答日を年単位の契約応答日、半年ごとの応答日を半年単位の契約応答日、月ごとの応答日を月単位の契約応答日といいます。

契約者変更
契約者は契約上の一切の権利義務を第三者に変更することができます。 変更にあたっては、被保険者および生命保険会社の同意が必要です。

契約年齢
契約日における被保険者の年齢のことをいい、満年齢で計算します。

契約日
保険期間の起算日であり、保険料の払い込みや満期日の基準となる日。

健康体割引
引身長・体重・血圧・尿検査等について一定の基準を満たしている場合、通常より安い保険料率を適用する。

減額
保険金額を減額することにより、それ以降の保険料の負担を軽くする方法です。

現金支払
配当金を現金で受け取る方法です。

口座振替
生命保険会社と提携している金融機関などで、契約者が指定した口座から、保険料が自動的に振替えられる方法です。

更新
定期保険、医療保険などの場合、保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく原則としてそれまでと同一の保障内容・保険金額での保障を継続できる制度です。
更新の際、更新時の年齢、保険料率によって保険料が再計算されるので、保険料は通常高くなります。
契約者から申し出がなければ自動更新となりますので、更新を希望しない場合は申し出る必要があります。

高度障害保険金
被保険者が疾病または傷害により両眼の視力を全く永久に失ったり、言語またはそしゃくの機能を全く永久に失った場合など、約款に定められた所定の高度障害状態になると、死亡保険金と同額の高度障害保険金が受け取れます。
ただし、受け取った時点で契約は消滅します。したがって、別の高度障害状態に該当したり、死亡した場合に重複して保険金が支払われることはありません。
なお、高度障害保険金の受取人を被保険者と定める生命保険会社もあります。

告知・告知義務
被保険者は、告知書(過去の病歴、現在の健康状態、職業など)や生命保険会社の指定した医師などの質問に、事実をありのままに告げる義務があります。これを告知義務といい、健康状態のよくない人が、健康な人と同一の条件で契約する不公平を回避するためのものです。

告知義務違反
健康状態、既往症などの事実を告げなかったり、偽りの告知をしたなどの告知義務違反があった場合は、万一の際の保険金や給付金が受け取れなくなったり、契約を解除される場合がありますので、ありのままに告知しましょう。なお、病歴があっても、一定の条件付きで契約できる場合もあります。

告知書
保険契約をする際に保険会社から聞かれる被保険者の健康状態などについての質問項目を記入する書面をいいます。

ご契約のしおり(定款)・約款
契約内容や保険商品についての重要事項が記載されているので、必ず申し込み前に内容を確認しましょう。

個人年金保険
公的な年金保険とは別に自身の老後生活資金を確保するための保険で、貯蓄性を重視した商品。契約時に定めた一定の年齢から年金が受け取れます。

こども保険
子供の入学や進学に合わせて祝金や満期保険金が受け取れます。学資保険。